三連休最終日の1月14日に、高崎市にある縁起ダルマの少林山から鼻高丘陵の長坂牧場まで、アイスクリーム好きな山のお友達と歩いてきました。軽くハイキング気分を味わうため、当初は高崎市の自然歩道を使って遠回りする予定でしたが、登山口でハシゴの工事をしており、迂回路も見当たらず通れそうもないので、諦めて川沿いの林道を普通に散歩状態で歩くことにしました。

川に沿って続く木立の中の林道は、20分程度で開けます。陽当たりの良い坂道を登りあがると、そこはもう鼻高展望花の丘です。

丘では、一望できる山々を指し示すプレートがお出迎え。この丘から見える山が記されていました。

上から、浅間山、妙義山、荒船山、八ヶ岳、西御荷鉾山、赤城山、燧ヶ岳、武尊山、子持山、谷川岳、等々。

高台なので、とても眺望の良い場所でした。

山名プレートの背後は榛名山。
プレートの足元はパンジー畑。
パンジー畑の中央には鼻高展望花の丘の看板。
視線をずらすと、開花し始めた菜の花畑の向こうに赤城山が見えます。

今は冬なのでパンジーと菜の花だけでしたが、春から秋は花で溢れる丘になるようです。

西に目を向けると、荒船山と妙義山、浅間山が見えます。

電柱と電線がちょっと邪魔?浅間山は雲も邪魔?

この丘で軽くパンをつまんだ後、この日のメインイベントへ!最終目的地の長坂牧場へ向かいます。

牧草が広がる先に、長坂牧場の牛舎が見えます。

鼻高展望花の丘から、徒歩数分で牧場に着きました。お目当は…

牧場直営のジェラート屋さん「みるく工房タンポポ」。

ジェラートの種類はそこそこ豊富で、何を食べようか悩んでしまいます。ジェラートの他にも、ソフトクリームとヨーグルトも販売されています。ヨーグルトは試飲もできます。

今回はマロングラッセと海のジェラートのダブルにしてみました。
美味しい❤️


ジェラートを食べ終わり、帰り際…
雲が少し移動し、浅間山の頭が姿を現しかけました。

下山後、里にある支店のタンポポ(信越線 群馬八幡駅前)にも立ち寄りました。ソフトクリームを食べる予定でしたが、牧場店にないメニュー「飲むジェラート」を発見してこちらを注文。その場でミキサーを使い、ヨーグルトとジェラートで作ってもらいました。

バナナ味の飲むジェラート。
ヨーグルトバナナシェイクですね。
これもまた美味しい❤️

鼻高丘陵は景色の良い場所だったので、カメラ撮影の練習にも良さそうです。花の季節になったら、また行ってみようと思います。

※鼻高丘陵は、群馬県高崎市の西部に位置する丘陵地帯です。今回訪れた牧場だけでなく、フルーツ狩りを楽しめる農園や、冬季休業ですが釜焼きピザのカフェなどもあります。また、縁起ダルマの市がたつ黄檗宗少林山達磨寺が隣接しており、その敷地内には第二次大戦中に亡命してきたドイツ人建築家ブルーノ・タウトが一時居住したとされる家屋や、6世紀中頃の横穴式古墳などもあります。さらに鼻高丘陵からは、白衣観音や世界記憶遺産に登録された多胡碑までの自然歩道が峰続きで整備されており、低山ハイクも楽しむことができます。このあたりのお話は、また別の機会に。

「赤道直下の未開国グンマー」などと揶揄され、近年、巷を賑わせてきた群馬県ですが・・・
実は、プロフィールに記されている「地方の山里」、それは群馬の何処かにあります。
つまり上の記述は、私 Chloe の住処が今でも群馬県にあることを示しています。

“グンマな日々” カテゴリーでは、群馬県民であることを暴露してしまった私が、群馬のおススメスポットをご紹介いたします。
ただし、かなり個人的趣味が投影されているので、興味ない方にはひたすらツマラないスポットばかりとなる可能性も高いでしょう。
しかしながら、

「今まで興味のなかった群馬だけど、Chloeの記事を読んでみたら、何やら気になってきた…」

そんな風に思っていただけるような記事を目指して、頑張りたいと思います。
それでもツマラなく感じてしまわれた場合は、どうぞご容赦くださいまし。

秋の尾瀬ヶ原

ようこそ、ブログ「また旅にっき」へ。
管理人のChloe(クロエ)と申します。
登山を含む旅行記メインのブログではありますが、趣味のバレエや同居猫といった日々の暮らし等についても記していきたいと思います。

これまで、他のブログサービスを利用しておりましたが、思いきってサーバーを借り、新たな気持ちで独自ドメインでのブログ運営を行うことにいたしました。
拙い文章ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。

尾瀬のタチツボスミレ

なお、以前のブログで書き溜めてきた旅行記は、別途まとめる予定です。
まとめが出来ましたら、その都度このブログよりご案内させていただきます。