聖なる山…
磐座信仰により、聖なる山は神が住む、または降り立つ場所として、縄文の昔より日本人に崇められてきました。
先日登ってきた筑波山も、そんな聖なる山の一つです。

目次

  • アプローチ
  • 御幸ヶ原コース
  • 御幸ヶ原
  • 男体山
  • 歌垣
  • 女体山
  • 白雲橋コース
  • ガマちゃんとソフトクリーム
  • 帰路

アプローチ

ピンクムーン(関東では見えにくかったそうな)が輝く夜が明けた頃、私は自宅を車で出発し、栃木県佐野市で友人と合流して、初めての筑波山へと向かいました。
国道50号を東に向かうこと約1時間。
前方に秀麗な山容が見えてきました。
それが筑波山でした。

筑波山は、男体山と女体山という二つの頂きを持つ双耳峰です。
男体山には伊邪那岐命、女体山には伊邪那美命が祀られており、それぞれ社殿が建立され、神職さんも常駐しています。
また、登山口には二柱の神を一緒に祀る壮麗な社殿を持つ筑波山神社があります。

筑波山の登山口がある中腹には、門前町としてお土産屋さんが軒を連ねています。
今回は、その中の1店舗の駐車場に車を停め、筑波山の頂きに向けて徒歩で向かいました。
(筑波山には主要な登山口が二つあり、神社側ではケーブルカー、もう片方ではロープウェイが運行されています)

まずは筑波山神社に、事前のお参りです。

その後、社殿の傍の登山口から御幸ヶ原コースを使って登ります。

御幸ヶ原コース

筑波山は深田久弥氏が選出した百名山の一つですが、その中で唯一標高1000m未満の山です。
しかし、登山道は意外と険しく、岩ゴロゴロの急登があったりして、登りごたえがありました。
1000m未満だからと言って、侮ってはいけない山だと思います。

途中、登り降りするケーブルカーに登山道で遭遇できます。
この時は、登りの疲れを癒してもらえる楽しい時間でした。

この辺りになると、標高は恐らく600mを超えています。
同時に、気温が下がっているのでしょう。
吐く息がうっすら白いことに気づきました(自分自身の息が上がって体温上昇していることも、息が白くなった理由の一つだとは思います)。

登山道が階段になると、ケーブルカー終点駅のある御幸ヶ原が近づいたサインですが…

なに?この階段!
段差がない… 奥行きがない…
凄く歩きづらい!!
ペースを乱される事この上ありません。

後方の別グループからも、同様の言葉が聞こえてきました。
皆、辛いのですね、この階段…

そんなペースを乱される階段地獄の先に、御幸ヶ原が広がっていました。

御幸ヶ原

ここは男体山と女体山の中間地点で、ケーブルカーの終点駅もある広場です。
茶屋やレストラン、お土産屋さんが営業しており、公衆トイレもあります。
また、展望台にもなっており、関東平野が見渡せます。

この御幸ヶ原で休憩をした後、まずは男体山へ向かいます。

男体山

シュッとした山容とは裏腹に、男体山への道のりには少々険しい岩場があります。
男体山の名前は、そんな岩場があることから付けられたのかな?と想像してみました。

男体山頂上は、御幸ヶ原以上の展望の良さでした。
しかし、この日は良いお天気ではあったものの、霞がかかっており、遠景は望めず、普段では見える富士山を拝む事は叶いませんでした。

山頂の神社にお参りし、再び御幸ヶ原へ戻った後はお昼ご飯です。

歌垣

食事を取りながら眺める御幸ヶ原は、人で溢れていました。

万葉集や百人一首に詠まれた筑波山は、春と秋に歌垣が行われたことでも有名です。
歌垣は、今で言う合コン的なイベントでしたが、その漢字の通り、和歌で異性へのアプローチやその返答を行ったようです。
相手は初対面である可能性が高いので、恐らく和歌は即興で詠まれたはず。
見た目だけでなく、相手の人柄や頭の良さ、センスの良さを把握するには、うってつけのアプローチ法だったのでしょう。

人で溢れる御幸ヶ原の光景に、古代の歌垣の賑わいを重ねてみた私がいました。

女体山

食事休憩後、女体山へ向かいます。

女体山は遠目に見ると嫋やかな山容で、そこへ至るルートも険しい箇所はありませんでした。
しかし、山頂に辿り着いてビックリ!
山頂は、妙義山もビックリな断崖絶壁のある岩場でした。

怖いので、写真だけ撮って、早々に神社へのお参りに向かいました。

お参り後は、白雲橋コースで下山です。

白雲橋コース

下山路は急坂の岩場が連続しています。
ですので、このコースは下りにして正解でした。
スケジュールを考えてくれた友人に感謝です。

また、下山路には、胎内めぐりなどの見所が沢山ありました。
団体さんがおり、彼らと抜きつ抜かれつだったので、そちらに忖度して、いくつか見所を端折ってしまったのが残念です。
再訪の折には、見逃した箇所を是非とも見学しようと、心に誓いました。

迎場コースとの分岐を過ぎ、まだ15時前だというのに、木々からの木漏れ日に黄色味が指し、夕暮れの雰囲気を感じたころ、ようやく下山路の終点を示す鳥居が現れました。

無事に下山です。

が、この後、筑波山神社までもう少し歩きます。

ガマちゃんとソフトクリーム

辿り着いた筑波山神社で下山のお参りをし、車のある駐車場へ向かいます。

途中のお土産屋さんで、ガマの油のガマちゃんを見学。
写真撮影はNGとのこと。
感想… うーん、ガマちゃん、凄い。

さて、下山のシメにソフトクリームを食べましょう。

生乳ソフトを食べましたが、カラカラの体に冷たいソフトクリームが染み渡り、とても美味しかったです。

帰路

帰りの道中、小山市のアウトドア用品店に立ち寄りました。
地元にも支店がありますが、栃木県が本拠地なので店舗への力の入れ加減が違います。
なんと、カフェが併設されているのです。
地元にはないので、このカフェで夕食を摂りました。

体を動かした後は、やはり肉が食べたくなります。
チキンソテーを美味しくいただきました。
友人との語らいも楽しく、あっという間に時間が過ぎました。

最後に、筑波山は、標高は低いけれど急登や岩場もあり、もちろん頂上からの展望も良く、「非常にバランスの良い山」という印象を受けました。
さすが百名山です。

そして、今回とても楽しかったので、また是非とも登りに行きたいです。

2月の後半に、3泊2日(車中2泊)で大阪へ行ってきました。

目次

  • 高速夜行バス
  • 近つ飛鳥風土記の丘
  • エキセントリックなお宿
  • 太陽の塔
  • 民俗学博物館
  • 大阪OCAT

高速夜行バス

今回の足は、日本中央バスの高速夜行バス「シルクライナー」でした。

シルクライナーは、群馬(一部、栃木・埼玉を含む)と関西(名古屋・奈良・京都・大阪)を繋ぐ高速夜行バスです。
バス内は3列シート、リクライニングも可能なので、ソコソコゆったりできます。

が、やはり長時間のバスは限度があり、足は浮腫み、肩凝りに悩まされます。
以前のブログで記したことがあるのですが、C3fitのような脹脛サポーターを履くと、かなり上記の症状が緩和されます。
今回は面倒臭くて脹脛サポーターを使いませんでした。
案の定、酷い浮腫みと肩凝りに悩まされ、使えば良かったと後悔したのは言うまでもありません。
これから高速夜行バスを利用される皆様には、脹脛サポーターのご使用をお勧めします。

ちなみに、この旅の一週間前に痛めた尾骶骨周りですが、やはり夜行バスでダメージを感じました。
一晩中、尾骶骨周りに体重が掛かるので、ツーンという痛みが現地に到着するまでの間、ずっと続いていました。

シルクライナーの情報はこちら

近つ飛鳥風土記の丘

大阪OCATに到着した高速夜行バスを降り、OCAT内で朝食を摂った後に向かったのは…

近つ飛鳥風土記の丘

近つ飛鳥風土記の丘は、大阪と奈良の県境にある二上山の麓に位置しています。
施設名にある「近つ飛鳥」は、大阪府羽曳野市東部・南河内郡太子町などを指す地名で、河内飛鳥とも呼ばれます。

飛鳥といえば奈良県をイメージしますが、なぜに大阪にも飛鳥があるのか?

由来は仁徳天皇の次代 履中天皇の御代にさかのぼります。
仁徳天皇の息子であった履中天皇には、複数の弟がいましたが、その内の一人 住吉仲皇子が天皇の地位を狙い、即位直後の大嘗祭に反乱を起こしました。
難波宮で襲撃を受けた履中天皇は、当時の武器庫でもあった奈良の石上神宮まで、命からがら逃げ延びます。
履中天皇が石上神宮に身を隠している間に、天皇の信頼を得るためにこの反乱を鎮めたのは、後に反正天皇となる二人目の弟 水歯別命でした。
そして、履中天皇の籠る石上神宮へ向かう途中で、水歯別命は、禊のために宿泊した場所を飛鳥と名付けました。
宿泊は二泊(=2箇所)あったことから、難波宮から近い宿泊場所を近つ飛鳥、遠い宿泊場所(奈良県高市郡明日香村)を遠つ飛鳥と名付け、この名前が、今日に至るというわけです。
※上記は古事記に基づいていますが、実際には諸説あります。

前置きが長くなりました。

電車と路線バスに揺られ、近つ飛鳥風土記の丘に辿り着きました。

ここは王陵の地でもあり、丘全体が古墳群です。
現在では博物館を備える公園として整備され、季節の花々も咲く(2月は梅の時期でした)ことから、近隣の方々の憩いの場ともなっているようです。

まずは、近つ飛鳥博物館へ。

建築家 安藤忠雄氏設計の博物館です。
付近には、安藤忠雄氏植樹の梅の木もありました。

博物館内部は、特定の重要文化財を除きますが、嬉しいことに撮影可能です。

絢爛豪華な出土品や遺跡のレプリカなど多数展示されていましたが、取り分け目を奪われたのは文字が記された木の札です。
その記載内容は、銅銭や酒のツケ(借金の証文ですね)、人事評価など。
人間臭さと共に、人の本質の普遍性も実感した出土品でした。
特に人事評価は、会社員として身につまされます。
律令制が確立したからなのか、古代にも人事評価制度があったのですね。

一通り博物館を見学したらお腹が空きました。
館内の喫茶コーナーでお昼ご飯をいただきました。

デザートに古墳パフェもつけちゃったりして、充実したお昼ご飯となりました。

食事後は風土記の丘古墳巡りといきましょう!

丘全域を歩くと結構な距離です。
そして、アップダウンも割とあるので、体力作りには良さそうです。
(尾骶骨痛のある身にはシンドイですが…)

しかし、マムシ注意の看板があちこちにあるので、夏場は絶対に巡りたくない場所です。

古墳はどれも崩壊してて、石室剥き出し状態。

それでも、石室内部の石組みが綺麗に維持されているものもありました。

気がついたら、太陽が西に傾いています。
夕暮れの古墳の丘…考えてみるとズバリ霊園ですよね。
丘は一周してるし、ちょっと逢う魔が時の雰囲気も漂い始めたので、そろそろお宿へ向かうことにいたしましょう。

季節外れの早咲きタンポポが咲いてました。

近つ飛鳥風土記の丘および博物館の情報はこちら

エキセントリックなお宿

お宿は大阪の少し北のほうにあるビジネスホテル。
お値段手頃だったので予約して訪れてみたら…

何だろう?
アミューズメント施設のような外観と共有部分の内装…
とても不思議な印象のお宿でした。

ロフト付きのお部屋を予約してましたが、室内は普通の内装でした。
一安心。

部屋にはミニキッチン(コンロは無)、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機が付いてます。
住める環境ですね。
というか、そもそも住むことも想定している宿で、それに特化した料金プランもあるらしい。

また、部屋備え付けの電話がスマホでした。
スマホって小さなコンピュータなわけだから、悪意があれば遠隔で色々出来ちゃうのでは?
盗聴とか… 盗撮とか…
お宿のコンプライアンスポリシーを信用はしたけれど、一応女性の身なので、あれこれ警戒してしまいました。

なお、キッチン付きなので、宿周辺のスーパーで食材を購入し、電子レンジで調理をして夕食・朝食を摂りました。

太陽の塔

二日目です。
万博が再度大阪で行われるとのニュースを知ったので、宿チェックアウト後は万博記念公園へ行ってみました。

モノレール駅を出ると、すぐに万博記念公園のシンボル 太陽の塔が見えてきました。

初めて見る太陽の塔、でかっ!
想像以上の大きさでした。

万博終了後、取り壊す予定もあったそうですが、いやいや、残して正解です。
素人目に見ても、大きさ、デザイン、全ての面において秀逸で、感動してしまいました。
岡本太郎氏、流石です。

民俗学博物館

広大な万博記念公園の中には、民俗学博物館があります。
ここでは、地球上のあらゆる民族について、人類学や文化・習俗など様々な観点から展示がなされているので、見学してきました。

民族衣装や民族楽器好きの私にはたまらない博物館です。
全て見学するのに3時間以上要しました。

展示物以外に映像資料や書籍・文物も豊富に取り揃えられており、何日か通いたい…
この博物館見学のために、また泊まり込みで大阪に出掛けたいくらいの思いを退館時に抱きました。
それほど見応えのある博物館でした。

更に、この博物館の魅力の一つに併設のレストランがあります。
ここでは博物館のテーマに沿って、エスニックな料理を楽しむことができます。
今回は見学に時間を要してお昼時間を過ぎたせいか、お目当てのメニューは完売していました。

私は仕方なく第2希望のメニューを注文しましたが、食を譲れない方は、先にレストランでお腹を満たしてから、館内見学することをオススメします。
もしくは、見学を一旦中断して、レストランへ向かうことも有りかと思います。

民族学博物館の情報はこちら

大阪OCAT

民族学博物館見学に時間を要したので、2日目はあっという間に終了。
あとは大阪OCATから帰りのバスに乗り、群馬へ帰ることになります。

大阪OCATの正式名称は、大阪シティエアターミナル。
その名の通り、搭乗手続きを備える関西空港に特化した施設だったようです。

が、今回初めて訪れた印象は…

若干寂れてる?

現在、搭乗手続きは廃止されているようで、施設内の店舗も多くなく、シャッター商店街とまではいかないけれど、少し寂しい雰囲気が漂っていました。
お土産屋さんも日本人より外国人を対象にしてるのかな?
これは関空のための施設だったのだから、当然といえば当然ですが。

ちなみに、お土産屋さんで大阪らしさのある店舗は、1階にあるお煎餅の文楽さん。
フェリシモ猫部のお煎餅が販売されていたのがめちゃめちゃ嬉しくて、沢山買い込んでしまいました。

食事処はいくつかあるようですが、私は1階のGreen Caféさんで到着時の朝食と出発前の夕食をいただきました。
ここは野菜直売も行なっており、奈良県宇陀市産 有機栽培のキャベツとほうれん草が目について、帰りがけにお土産購入してしまいました。

寂れている感はありましたが、バスターミナルとしては大賑わいで、立て続けにバスが到着し、発車していきます。
もう、施設名のエアをバスに変えた方が良いんじゃないか?とふと思ってしまうくらいのバスの賑わいでした。

そんな大阪OCATで帰りのシルクライナーに乗り込み、一路群馬へ。

2日という短期間の旅でしたが、無事に帰宅となりました。

4月です!
春です!
桜も咲きました!
(雨と雪が降っちゃいましたが)

そして、ブログ放置してしまいました!
3月は一度も更新しておりません。
ダメダメじゃん!

でも気を取り直して…
春なので心機一転、更新頑張ります!

今回の更新では、ここ1~2ヶ月の近況をご報告しようと思います。

目次

  • 自宅階段で滑落
  • 大阪旅行
  • バレエ三昧
  • タロット占い講座

自宅階段で滑落

我が家は昭和中期に建てられた家です。
昔の日本家屋独特の、段差が大きくて傾斜のきつい階段を引き継いでいます。
計算したところ、我が家の階段は、傾斜56度という結果が算出されました。

バレンタインの朝、この階段を7段ほど滑落し、背面を打撲してしまいました。
物音を聞いて父が助けに来てくれたのですが、ビックリしたのと痛いのとで、しばらく動けず。
その後、父の手を借り、立ち上がって歩き始めたところ、何とか歩けるのでそのまま職場へ出勤したのですが…

尾骶骨強打しているために、座ると痛い!
長く座っていると、益々痛い!
立ち上がるときも痛い!
肩も痛い!
背中も痛い!

結局、何してても痛い!

全ての動作の際に、唸り声がオマケで付いてくる状態でした。

あまりの痛さに病院へ行き、レントゲンを撮ってもらいました。

実は、その一週間後に大阪へ出掛ける予定になっており、万が一尾骶骨を骨折していたら、中止しないといけないかな?と落胆していましたが、幸いどの骨も大きな怪我はなく、胸を撫で下ろしました。

大阪旅行

階段滑落の一週間後、夜行バスで一泊二日の大阪旅行へ出かけてきました。

背面打撲が無ければ、金剛山に登ろうと思っていたのですが、尾骶骨の痛み継続で登山は断念しました。

この旅については、改めて旅行記として纏めますので、詳細は割愛させていただきます。

バレエ三昧

昨年12月から、バレエのレッスンを週2回から3回へ増やしました。

従来のクラスは趣味の大人クラスですが、新たなクラスはジュニアと一緒なので、趣味の大人クラスよりも高レベルでハードです。
しかもバリエーションのレッスンも受けさせてもらっています。
当然の如くレッスンには付いていけてませんが、やる気は満々なのでツイツイ頑張り過ぎてしまい、翌日は常に筋肉痛。
日曜日に登山を計画しても、筋肉痛で布団から起きられない現象が継続しております。
故に、12月以降はまともに登山に行けていません。

しかし、バレエが楽しくて楽しくて堪りません。
毎日レッスンしたいくらいです。

タロット占い講座

2月から月2回の隔週で、タロット占い講座に通っています。
当然ですが、先生もクラスメイトも初めてお会いした方々ばかり。
中にはすでに占い師という方もいたりして、バレエや登山でも感じていましたが、大人になってからの新しい出会いというものは、とても新鮮で楽しいものだなぁと改めて感じました。

今は未だタロットカードの意味を学ぶ段階ですが、とても楽しくて、こちらもずっと続けていきたいなぁと考えています。